2008年01月10日

FX:取引の記録

FXの取引を一回一回無駄にせずに、今後の分析に生かすことは大切なことです。FX取引で、勝つかも知れない、負けるかも知れない、どちらだとしても貴重なデータの一つです。「ディーリングシート」として記録を残して次回からの取り引きに生かしていきます。

今はどのFX業者でも、取引記録を残せるし見れるじゃないか、という方もいらっしゃるかも知れませんが、単純な売買記録だけならそれで充分です。但し、長期的にFXを続けて、勝率を高めていくつもりがあるのなら、やはりディーリングシートとして、詳細を記録し、分析に役立て、相場観を養っていくことが重要と考えます。

あらかじめストーリー展開を想定し、ポジションを立てたら、まず、当初のリミットとストップの想定はいくらだったのか、そして、いくらで買ったかという値段もそうですが、どうしてそこで判断したのかという理由を書き記しておきましょう。そして、決済した値段と、もしストップにかかったのであれば、その時の値段、とストップにかかった理由を簡潔に記します。ポジションを保持している途中に指標などの材料はなかったのかなども書き記します。

こうしておく事を面倒がらずに続け、自分なりの分析をしておく事で、同じような状況下での次の取引に自信を持って、一番良いタイミングでエントリーできるようになり、自分の勝ちパターン、負けパターンを把握し、今後の方向性を明確にすることもできます。面倒な作業かも知れませんが、この積み重ねが、今後の儲けの積み重ねと言っても過言ではありません。


ラベル:FX FX業者 FX取引
posted by Bw/M3 at 23:04| ホノルル ☀| FXで儲けるツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。