2007年12月28日

FX:一度決めた設定を変えない

FXの「短期取引」「中期取引」「長期取引」についてそれぞれお話ししてきましたが、投資期間で重要な事は、ポジションを作る際に決めた投資期間を、途中で変えないと言う事です。短期投資のつもりでポジションを持ったのに、予想に反して相場が動き、含み損が出てきた途端に、もう少し置いておいたら、相場が反転するかもしれないから、中期取引に変えよう、とか、長く置いておけばスワップ金利が付くから長期取り引きに切り替えてしまえ、とかと言う、迷いが出てくるかもしれませんが、投資期間を途中で変えてしまう事だけは最も避けたい事です。

相場の予想が外れた時点で、自分の分析が間違っていたことから目をそむけてはいけません。そして、そうして自分の間違いから目を背けて逃げる事が最も危険なことであると言う事を肝に銘じましょう。儲かる時は短期取引のつもりで少なく儲かり、評価損は長期投資のつもりで抱え込み、そして最後には抱えきれなくなって大きな損を出し、今まで儲かった分が全部吹き飛ぶ、という事態を引き起こします。

だからと言って、1種類の取引期間のみを行っていかなくてはならないと言う事ではなく、資金の何パーセントは長期投資、残りを短期投資というように分けても、または別のFX業者でもう一つ口座を開いて、取引期間や手法によってそれぞれ分けてもいいと思いますが、ただし、ポジションを持つ際に、まずこのポジションは短期取引なのか?中期取引なのか?長期取引なのか?と言う事を、しっかりと意識し、そして、一回買ったポジションの投資計画を途中で変更する事だけは、しないようにしましょう。


posted by Bw/M3 at 21:38| ホノルル ☀| FXで儲けるツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。