2007年12月27日

FX:投資スタイル「長期」

数か月から数年という単位で取引を行う「長期取引」の場合、値動きに加えてスワップポイントが重要になってきます。レバレッジを低めに設定し、外貨預金のようにインカムゲインを狙います。長期にわたって、取引を継続させると言う事において、レバレッジを高く設定してしまうと、期間中に相場の値動きによっては、含み損が加算でしまい、取引の続行がままならなくなるという事態が起こるのでそれを避ける為です。FXは、一般的に銀行の外貨預金よりも手数料が安く、金利面でも有利なため、レバレッジが1倍でも良い投資と言えますので、長期取り引きの場合は、なるべく低く、レバレッジは2〜3倍くらいに設定して、取引を行う方が良いでしょう。

ただし、この取引手法の場合、過去からの学習によれば「高金利通貨は、長期的には安くなる傾向にある事」「通貨の値動きによるリスクは、スワップポイントによる収益を超える可能性のある事」「スワップポイント自体は一定ではなく、期待していた収益が上がらない事がある事」などがありますので、その辺を考慮する必要があります。

また、スワップポイント重視とはいえ、値動きを無視することなく、適当なタイミングを見計らってのポジション買いと、まめな確認が必要です。


posted by Bw/M3 at 23:19| ホノルル ☀| FXで儲けるツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。