2007年12月05日

FX:「サポート」と「レジスタンス」

「サポート」とは、為替レートが下方向に推移する動きを止める可能性の高い水準で、為替レートの上昇トレンドを支えている水準を指します。サポートをつないだ線、つまり安値の部分をつないだ線は、サポートラインと呼ばれ、日本語では支持線といいます。この線よりも値段が下がってくると、更に下落する可能性が高くなります。

また「レジスタンス」は、サポートとは逆で、上方向に推移する動きを止める可能性の高い水準で、為替レートの上昇トレンドを抑えて下降トレンドを導く水準です。同じくレジスタンスをつないだ線、チャートの高値をつないだ線の事をレジスタンスラインと呼び、日本語では抵抗線と呼ばれます。この線よりも実際の値段が上がってくると、更に上昇する可能性が高くなります。

為替取引において、サポートやレジスタンスを意識する事は、とても重要な事となります。為替レートが下降した時に、その下降が続くのかを見極める為に必要なのが「サポート」であり、上昇した時にその上昇が続くかどうかを見極める為に必要なのが「レジスタンス」となります。

為替レートがサポートやレジスタンスを超えて推移する場合、これまでのトレンドは崩れたと判断し、新しいトレンドが発生したという読みをするのが一般的です。

また、サポートやレジスタンスを超えて推移すると、今度はサポートがレジスタンスに、レジスタンスがサポートになる場合もあります。例えば、為替レートがサポートを超えて下落した場合、その後上昇したとしてもサポートまで達する事が出来ずにレートを戻せない事があります。これは、買いのポジションを持っていた投資家が、サポートを超える水準まで為替レートが下落したために、サポートの水準まで戻るのを待ち切れずに、あわててポジションの損切りを進めるからと考えられます。この場合、サポートは現在のレジスタンスとなります。

また逆に、為替レートがレジスタンスを超えて上昇した場合、売りのポジションを完全に解消していない投資家達が為替レートが下降するのを待ってレジスタンスの水準まで下がったところで残りのポジションを損切りする事もあります。この場合は、先ほどの逆で、以前のレジスタンスが、現在のサポートとなります。



posted by Bw/M3 at 15:29| ホノルル ☁| FXで儲ける基本姿勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。