2007年11月27日

FX:重要な指標1−「PPI」

アメリカの生産者物価は、アメリカ国内の製造業者の約1万品目における販売価格を調査したもので、1982年の平均物価を100とした指数で表します。通常為替市場では、生産者物価指数(Producer Price Index)その物の数字ではなく、前月からの変化を示した前月比のほうに注目します。また、為替市場では、全調査対象の物価動向を表した「総合指数」の他に、変動の大きいエネルギーと食料品を項目から除いた物価動向を示した「コア指数」にも注目が集まります。

PPIの発表は、対象月の翌月の第2週の日本時間9時30分(冬時間では10時30分)に行われます。このPPI−生産者物価指数では、総合指数やコア指数だけでなく、原材料や中間財の変化によっても為替レートが変化すると言う点には注意が必要です。なぜなら、物価は「原材料⇒中間財⇒最終財」の順で変動しますので、原材料や中間財の変化が為替相場の予想と大きく異なる場合には、いずれ最終財も市場の予測に反した動きをするだろうという判断をされ、いちはやく為替取引に反映させようとする傾向があるからです。


posted by Bw/M3 at 15:33| ホノルル ☀| FXで儲ける基本姿勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。