2007年11月21日

FX:基本的な経済指標

●注目度の高い指標をチェックしましょう。

「米ドルに関係する指標」
1、非農業部門雇用者数(NFP):農業部門以外の労働者の増減を数値化した指標
2、ISM製造業景気指数:米国供給管理協会(ISM)による企業の景気状況を示す指標

「ユーロに関係する指標」
1、Ifo景気指数:ドイツの企業を対象に調査されたドイツ経済を占うための指標
2、ZEW景況感指数:アナリストや機関投資家を対象に調査された、ドイツの景気を占う指標

「日本円に関係する指標」
1、日銀短観:日本銀行が企業を対象に調査するもので、景気動向を占う指標
2、鉱工業生産:工業・製造業に属する企業の稼働状況などを表す指標

「英ポンドに関係する指標」
1、HICP:英国のインフレターゲット(2%)の対象

経済指標を確認するためにはできるだけ正確な情報ツールを利用する必要があります。新聞やテレビなどのマスコミでは、経済指標が発表された翌日に、結果を要約して報道され、しかも実際の発表から時間がたっているために、すでに為替取引にとっては織り込み済の要素となってしまい、有益な情報とはすでに言えない状況となっています。

面倒でも、経済指標の内容をタイムリーに把握するためには、経済指標を公表している政府などの公的機関のウェブサイトか、経済指標を正確に取り扱っている専門的なウェブサイトを利用する方がいいでしょう。


posted by Bw/M3 at 15:07| ホノルル ☀| FXで儲ける基本姿勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。