2007年10月12日

FX:取引記録の確認を怠らない

実際の取り引きが始まって大切なことは、損益の管理です。

安定して利益を上げていくためには、取引においての損益をきちんと管理して、損失が出た時には理由の分析をし、次回以降に備えていくことが大事です。こうした作業は、コンピューター上の取り引きだと非常に簡単にできますので、億劫がらずにきちんと管理・分析しましょう。

コンピューターの画面上で、すべての取引記録が確認できるようになっています。過去の記録だけでなく、現在保有しているポジションの現時点での評価損益や、まだ注文が成立していない注文予約の一覧などもありますので、状況が一目で解るようになっています。損失が膨らんでくるとみるのも嫌になってしまう事もありますが、なるべくこまめに確認して損失こそきちんと管理して把握するべき点なので頑張りましょう。

その時している損を繰り返さないために、自分の投資スタイルを検証し、過去の取引記録を確認し、これまでの損益の理由を十分に分析し、今後の勝率を上げていくことが必要なのです。

今現在FX取引を考えていて、でもまだ不安だし、迷っていると言う方は、無料デモ取引ができる業者でバーチャル(仮想)の取り引きをして、実際の取引画面や、取引記録の管理システムなどの使い勝手を試してみてはいかがでしょうか?「かざか証券」や「FX Online Japan」、「外為どっとコム」などバーチャル取引を扱ってる業者を色々と試してみるといいでしょう。ちなみに、今「かざか証券」では、豪華ホテル宿泊など、入賞者に賞品がプレゼントされるデモ取引(バーチャル取引)のコンテストが10月19日のマーケットクローズまで、3ランドに分けて開催されています。300万円のバーチャルマネーをどこまで増やせるか、ゲーム感覚で挑戦してみませんか。このような機会に、是非FXに触れてみてください。

さて、これでFXを始める準備ができましたので、次回からはFXで儲ける為の基本姿勢を勉強していきます。


posted by Bw/M3 at 17:45| ホノルル ☀| FXの仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。