2007年10月11日

FX:資料請求から口座開設までの手順

デモトレードは、前回お話ししましたがFX業者によっては無料でデモ取引というバーチャル(仮想)の取り引きをさせてくれるサービスを提供している所もあり、そのFX業者のシステムを実際に体験して使い勝手を見るもよし、仮想取引で取引の練習するもよし、実際にそこのFX業者と取引を始める前に、またはFXを始める前に大いに活用すべきサービスです。FX業者の比較サイトなどからいろいろ比べて試してみるといいでしょう。さて、そのデモ取引で取引システムのも慣れて、取引の感覚も掴んで、FX取引業者を絞ったら、次は口座の開設を行いますが、この作業はすべてコンピューター上で行えます。

各会社のホームページには資料請求や口座開設のフォームがありますので、デモ取引の申し込みでも、資料請求でも、口座開設でも説明に従って、フォームにいつ用事項を記入し手続きを進めてきましょう。

口座開設前には、約款(やっかん)への同意と確認、リスク確認と同意が求められます。万が一の時の為にこの約款とリスクへの確認と同意には面倒ですがここで目を通しておきましょう。尚この10月1日より規制がさらに厳しくなり、FXの情報には必ずリスク説明もされるように義務付けられています。この会社のホームページでも同じことですので、リスクについての説明もされているかでこの会社の信用性も見る事ができますので是非注意してリスク説明の部分も目を通して下さい。取引では、値動きのリスクや、取引業者の運営の悪化・倒産のリスクの他に取引システムの停止(ダウン)などの技術的リスクなど様々なリスクの項目がありますのでしっかり把握しましょう。

さて、今度は口座開設フォームに必要事項を記入します。口座開設フォームに付いているアンケートは口座審査にかかわる重要な事項ですので正しく記入して下さい。口座開設フォームの記入事項を送信したら、後はFX取引業者のガイドに従って身分証明書を送ります。

口座開設の審査に通ると指定銀行口座の通知が来ます。そこに入金を行うと口座開設の手続きは完了します。

おめでとうございます。これでいよいよ、実際の取り引きが始められます。


posted by Bw/M3 at 18:00| ホノルル ☀| FXの仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。