2007年10月09日

FX業者選び2−信託分離をしている業者

FX業者が登録制になり、最低資本金や自己資本規制比率などの審査をクリアしたとしても、銀行などに比べると財務上脆弱な業者がほとんどだと言うのが現状です。IR情報という財務情報を含む情報を公開されているかを確認しましょう。

加えて、「信託分離」を行っている業者を選ぶと更に安心です。信託分離とは、顧客から預かった証拠金などの資金を信託銀行に分離して保管しており、会社の運営資金などから切り離し万が一会社の運営が傾いたときでも、顧客から預かったお金は返すことができるようにする事です。信託分離保管は、コストが結構掛かるのですべての業者が採用してるわけではありませんが、その為顧客保護に力を入れている業者であるという表れとなり、信用性が高くなります。

私たち投資家としての万が一の備えとしても、信託分離保管(信託保全)をしている業者を選ぶことは大きな意味を持ちますね。


posted by Bw/M3 at 17:45| ホノルル ☀| FXの仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。