2008年01月10日

FX:取引の記録

FXの取引を一回一回無駄にせずに、今後の分析に生かすことは大切なことです。FX取引で、勝つかも知れない、負けるかも知れない、どちらだとしても貴重なデータの一つです。「ディーリングシート」として記録を残して次回からの取り引きに生かしていきます。

今はどのFX業者でも、取引記録を残せるし見れるじゃないか、という方もいらっしゃるかも知れませんが、単純な売買記録だけならそれで充分です。但し、長期的にFXを続けて、勝率を高めていくつもりがあるのなら、やはりディーリングシートとして、詳細を記録し、分析に役立て、相場観を養っていくことが重要と考えます。

あらかじめストーリー展開を想定し、ポジションを立てたら、まず、当初のリミットとストップの想定はいくらだったのか、そして、いくらで買ったかという値段もそうですが、どうしてそこで判断したのかという理由を書き記しておきましょう。そして、決済した値段と、もしストップにかかったのであれば、その時の値段、とストップにかかった理由を簡潔に記します。ポジションを保持している途中に指標などの材料はなかったのかなども書き記します。

こうしておく事を面倒がらずに続け、自分なりの分析をしておく事で、同じような状況下での次の取引に自信を持って、一番良いタイミングでエントリーできるようになり、自分の勝ちパターン、負けパターンを把握し、今後の方向性を明確にすることもできます。面倒な作業かも知れませんが、この積み重ねが、今後の儲けの積み重ねと言っても過言ではありません。


ラベル:FX FX業者 FX取引
posted by Bw/M3 at 23:04| ホノルル ☀| FXで儲けるツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

FX:儲けのストーリーを描く

自分のリスク許容度を把握したら次は、実際のポジション作りですが、その時に必要なのは、ポジションを作る前に取引のストーリーをあらかじめ想定しておくと言う事です。

単純に「上がりそうだから買う」とか「下がりそうだから売る」とかではなく、「相場を予想する元になった材料は何だったのか」そして、「相場がどのように動くと予測しているのか」という点を明確にし、その材料に合わせた「目標の利益」と「損切りポイント」そして「ポジションの保持期間」を決めます。そして、ポジションを保持している間に、経済指標などのように「相場を大きく動かす可能性のある新しい材料が出るか」、そしてもし出た場合、「どのように対処していくのか」なども一連のストーリーとして想定しておきます。

そしてポジションを持ってからは、「大きな材料は想定した以外に出ていないか」また、「リミットやストップの水準を決めた理由・要素に変化はないかどうか」などを確認していきます。そして、取引を終えた後は、あらかじめ想定しておいたストーリーと照らし合わせて、うまくいった場合も、失敗した場合も、その原因を一回一回はっきりさせていきます。

こうやって聞くと、なんだか面倒な事のようですが、ストーリーをあらかじめ想定しておく事と、取引後の分析は、今後の相場の分析の精度を上げ、そして勝率を上げるためと、投資ゆえの損失は多少仕方がなくともトータルで見た時に最終的に利益を出していくFXをするに当たって、大変大きな成果を生む作業となります。

また、途中負けが続いたときに、ポジションを持つことすら怖くなり、本来儲けられる時にポジションを持つのを躊躇するような事がありますが、その際には取引を始める前に冷静な判断や分析ができる状態で、少し長期的なストーリー展開を想定しておき、それにそって取引に臨む事で、途中慎重になり過ぎる自分の背中を押す事もできるのです。
posted by Bw/M3 at 21:59| ホノルル ☀| FXで儲けるツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

FX:自分のリスク許容度

FXにおいて重要なマネーマネージメントの最後は「資金面」と「心理面」のリスク許容度をきちんと把握する事の必要性についてお話しします。

FXは余裕資金で行うべきといつも言われますが、なくなっても全く生活に影響のない資金で行うというのは難しいものです。だからと言って、損が出たら生活に困るような資金設定では、負けてはいけない!損は出せない!とプレッシャーがかかり冷静な判断ができなくなります。基本的には余剰資金の範囲内でFXを行うようにしたいものです。

つぎに心理面のリスク許容度ですが、これは損失にどのくらい耐えられるかと言う事です。資金的な損失と言う事ではなく心理的な許容度のことです。FXを含むすべての投資において、損失が全く出ないなどと言う事はあり得ませんので、損失を直視できない人は投資自体に向かないと言えます。FXという投資をする投資家は大概「損失を出すのが耐えられない人」と「トータルに見た中で、ある程度許容できる人」に分かれるのですが、それぞれ取引手法が変わってきます。

例えば、為替のトレンドに従った方向で取引を行っていく「順張り」と、トレンドの変化を見越してあえてトレンドに逆らう形で取引を行う「逆張り」がありますが、リスク許容度が少ない場合、逆張りの投資方法は難しくなります。 逆張りは相場の反転を前もって予測し、次のトレンドが始まったのを見てからではなく、次のトレンドの初めから取りに行く事を目的にしたもので、もともとトレンドに逆らっている分、そのトレンドが反転するまでには評価損を出す事を前提に行う手法だからです。

また、投資期間の選択についても、リスク許容度の違いが現れ、短期投資の場合は上手にトレンドに乗れさえすれば、さほど評価損を被らずに目標水準まで達成する可能性はありますが、長期投資の場合は目標が大きくなる分、その間の相場の振れ幅によって、ある程度の評価損を覚悟する必要があります。

このように、自分の資金的体力性格を客観的に見て、自分のリスク許容度を把握した上で、その許容度に沿った取引手法を選択しましょう。
posted by Bw/M3 at 18:23| ホノルル ☀| FXで儲けるツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

FX:自分に向いた分析方法

FXで、テクニカル分析ファンダメンタル分析のどちらがいいかと言う優劣はつけられません。どちらも、状況によって必要ですし、どちらも組み合わせた方が精度は高まりますし、どちらも絶対ではありません。ですから、ファンダメンタル分析だけの投資家もいれば、テクニカル分析だけの投資家もいますし、どちらも活用している投資家もいます。結局自分に向いた分析方法を経験の中から選びとるしかありません。

一応基本的なテクニカル分析とファンダメンタル分析のメリットとデメリットを挙げてみますので、参考にしてどちらを選ぶのか、それともどういう組み合わせをするのかなどの判断要素にしてみてください。

ファンダメンタル分析:
メリット‐一般的には経済指標などを利用した分析が主流で、経済の状況把握や今後の経済の動きや世界情勢の変化を見通すなどに有効
デメリット‐経済指標を基にした分析は統計データの為、得られるデータは実体経済から遅れがちになる。従って日々の動きを読むと言う点ではあまり有効ではない。

テクニカル分析:
メリット‐「歴史は繰り返す」を元に過去の動きから現在を読む方法のため、基本的にはチャートをしっかり見ておけばよく、経済に対する知識は必要としない。
デメリット‐実際の相場が常に過去の動きと同じ動きをするわけでもない。加えて突発的な事件などによる今までにない動きに弱い。こちらのシグナルも実際の動きに遅れる傾向が強い。

どちらの分析を活用するにせよ、自分がそのポジションを持った理由(どのような分析をしたから、そのポジションを持ったのか)や、損失はどこで確定させるつもりで設定してあるのか、を忘れずに強く認識しておく事が重要です。

損が出始めた時に、そのポジションを立てた理由から逃げて現実を直視できずに損切りができない状況もそうですが、同時に、利益が出ている時にも同じように、自分がポジションを立てた理由の他の要素に目が行ってしまい、急に心配になってしまう事もありますが、まず自分はどんな分析をしたからこのポジションを立てたのだ、という理由からは絶対に離れない事です。要人の発言やテロなど情勢の突発的な変化による方向性の転換は必要ですが、基本的にははじめに決めた方針を途中で買えるといい結果につながらない事が多い事を忘れずに置きましょう。
posted by Bw/M3 at 18:00| ホノルル ☁| FXで儲けるツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。